HOME

What's New(新着情報)

新築住宅と中古住宅とどちらがお得か

私は現在郊外に一戸建ての新築住宅を探している。ただ先日近くの不動産屋さんに相談にいったら。買う時期のタイミングや、買う場所などいろいろアドバイスしてくれた。

その中に「中古住宅も除外するのではなく、検討材料にしてはいかがですか」と言われた。私としては「終の棲家にしたいのでできるだけ新築住宅にしたい」と答えた。ただ先の不動産屋さんは、近年の経済危機のおかげてローン破綻する人が多く、そこまでゆかなくても現在の中古住宅を売って借金返済に充てる人はとても多くなっていますとのことである。

中古住宅なら総額的にかなり押さえられるので、同じ場所でも広い土地の物件を購入することができるし、同じ広さならそれだけ老後資金に回すことも可能だと言われた。しかし私としては老後の終の棲家はやはり新築住宅にしたいと思うところである。

ところは先日先の不動産屋さんの紹介で新築中のある住宅を見に行公こうとしたところ、不動産屋さんが同じ団地内に2戸ほど中古住宅物件があるので外からでも見てみられてはいかがですかと進められた。

新築住宅を見た後、ついでに紹介されたに中古住宅を見に行ったところ、10年くらい経った物件だがたが、外見上は意外と新しく思え、総額的にも新築住宅より2割以上安価である。金額的には500万円以上割安である。

結局その日はそのまま帰り、現在家族と相談しているところであるが、先入観にあまりとらわれず、幅広く検討することは有意義だと感じたことは事実である。家族は少しでも現金を老後資金に充てたい模様であるが、私個人的な気持ちは、やはり新築住宅に未練が残っている。少し頭が硬直的すぎるのかも知れないと思っているが・・。

HOME